失敗例から学ぶ土地探し①

20240403ブログ画像①.jpg

弊社を訪れるお客様の中には、
土地探しから始められる方も
多くいらっしゃいます。

いわゆる「良い土地」というのは、
出てきたらすぐに売れてしまいますが、
それでも非常に高価なものですので、
衝動的に買うわけにもいきません。
将来、生活する場となりますので、リスクを避け、
数年先のことも見通した上で決めたいものです。

ご参考までに、たまに耳にする「土地購入で失敗した例」を
いくつかお話したいと思います。

(ケース1)
・隣の空き地にマンションが建ってしまった

南側に月極平面駐車場があり、その隣地を購入。
たっぷりと日差しの入る、明るい一戸建てを希望。
吹き抜けのある広々とした家を建築。
ところが数年後、駐車場の場所にマンションが建ち、
家はどこか薄暗い印象に...

広い駐車場や農地などは、
将来、マンションなど高層建物が建つかもしれません。
その可能性も見込む必要があるでしょう。


(ケース2)
・角地で便利だが、ゴミの問題があった

数十メートルで幹線道路に出られる
便利な立地の角地を一目惚れで購入。
好立地にもかかわらず、割安な土地でした。

しかし工事開始後、目の前がゴミ集積所であると判明。
家が完成し、住み始めると問題が山積!
ゴミ袋がカラスなどによって荒らされたり、
収集日にニオイが気になり悩まされ、
ゴミの日は毎度掃除をすることに...

ゴミ集積所の場所も確認しておくべきでしょう。


(ケース3)
・日当たりを重視したが、想定以上に夏が酷暑に

学校や駅にも程近く、利便性のよい土地(旗竿地)を購入。
安く買うことができたものの、
周りを家に囲まれているので
当初より1階は暗くなることを予想。
そこでキッチンやリビングを2階に配置し、
トップライト(天窓)をたくさん設けました。
明るさは確保できたものの、
夏期の2階の暑さに悩まされることに。

トップライト(天窓)を設ける際は、
適度な採光、且つ、過度な室温上昇を防ぐことも大切です。

(次回につづきます)

今こそ「耐震」に関する基礎知識を改めて確認しましょう②

20240311ブログ画像①.jpg

■ 耐震性確保のためには何が必要? 求められる基準はさらに高く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回のお話では、耐震に関する制度・言葉の再確認をしました。
具体的に、どのような要素が住宅の耐震性能を左右するかについてお話します。

簡単にまとめると、耐震性の鍵を握るのは大きく4つです。

1つ目が「耐力壁の量」
 建物にかかる力を負担してくれる構造壁である耐力壁が多いほど、
 耐震性は高くなります。

2つ目が、「その耐力壁や、耐震性を担う金物の配置バランス」
 建物の片側だけが地震に強かったとしても、安定性に欠けてしまい、
 建物全体の強さには繋がりません。

3つ目が「床の耐震性能」
 縦長の立体を想像してもらうと分かりやすいかもしれませんが、
 真ん中あたりで支えがあるものとないものでは、
 横からの力がかかった際の変形度合いが異なります。

そして4つ目が「建物の重量」
 軽いものよりも重いものの方がより揺れやすいことは
 想像に難くないでしょう。
 求められる耐力壁の量も、屋根の重さによって基準が変わってきます。


4つ目の建物の重量についてですが、
カーボンニュートラルに向けて住宅の高断熱化、
太陽光搭載などが推進されていることもあり、近年は重量化を進めています。

つまり、住宅がより揺れやすくなってきています。
このことを踏まえ、国から求められる耐震性能というのは更に高くなりつつあります。

例えば、「長期優良住宅」に関わる壁量基準が
2022年10月から見直しされています。
それまでの壁量基準は、「耐震等級2又は3」となっていましたが、
「耐震等級3のみ」に変更となりました。

また、2025年4月から、「ZEH水準等の木造建築物の構造基準」が変更となり、
壁量計算、柱の小径が見直されます。

そして、特定の条件下であれば建築確認の審査を一部省略できる
「4号特例」の廃止が2025年4月に施行予定です。

特定の条件下とは、
 ・木造であれば2階建て以下かつ床面積が500平米以下のもの
 ・木造以外の場合は、平屋かつ床面積が200平米以下のもの
を指します。
一般的な住宅の多くがこの条件を満たし、
これまで審査が省略されていました。

しかし改正後は4号が無くなり、
「新2号建築物」「新3号建築物」の2種類に区分されるようになります。

「新2号建築物」は木造2階建・木造平屋建(延べ面積200平米超)で、
審査省略の「対象外」となります。

「新3号建築物」には木造平屋建(延べ面積200平米以下)が該当し、
こちらについては審査省略が継続されます。

この法改正は省エネ基準の適合化に併せてのものであり、
建物の重量化を考慮している部分も大きいです。

国も基準を改め、地震対策をより強化する今、
改めて「地震への備え」を見直しておきたいところです。

今こそ「耐震」に関する基礎知識を改めて確認しましょう①

20240305ホームページブログ②.jpg

新年早々に発生した能登半島地震、群発する千葉県周辺の地震など、
このところ、地震の発生頻度が多いように感じます。
地震大国である日本の住宅に、耐震構造が不可欠です。
家の購入を考えている皆さんは、耐震構造の仕組みや、本当に地震に強い家について、
知りたいと思われている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、住宅の「耐震」について、基本的な所を解説します。

まず住宅の耐震に関する制度・言葉を再確認していきます。
最初に、国が定める耐震基準についてです。

耐震基準は1950年に制定され、その基準は大地震の度に見直されています。
1950〜81年にかけて適用されていた耐震基準は「旧耐震基準」、
1981〜95年にかけてのものは「新耐震基準」、
そして2000年〜現在にかけてのものは「2000年基準」と呼ばれています。

「旧耐震基準」では震度5程度の中地震しか考慮されていませんでしたが、
「新耐震基準」では震度6強程度の大地震にも耐えられるよう
チェックが行われるようになりました。

 
「新耐震基準」をより強化したものが「2000年基準」で、
地耐力に合わせた基礎の設計、
耐力壁の配置バランス等が求められるようになりました。

次に、住宅の耐震性能を表す耐震等級についてです。

耐震等級は等級1から3までで表され、
 ・「等級1」は建築基準法における耐震基準を満たす強さ、
 ・「等級2」は等級1の1.25倍の強さ、
 ・「等級3」は等級1の1.5倍の強さ
とされています。

ここで気をつけたいのが、
「等級1」はあくまで建物を建てる上での「最低限の基準」であり、
それを下回るものは建築できないということです。

エターナルホームでは、お客様の安心安全を守るために
「等級3」を満たす家づくりをしています。

そして、地震に耐えるための構造についてです。
現在主流とされているものは3つ。

 ・建物を強くする「耐震」
 ・ダンパーなどを用いて揺れを吸収する「制震」
 ・建物と地盤を切り離し、揺れを伝わりにくくした「免震」

です。
地震被害を抑制の効果としては、
基本的に「免震」、「制震」、「耐震」の順に高いとされています。
20240305ホームページブログ①.jpg

(次回へつづく)

非常時の持ち出しについて

20240209非常持ち出し袋①.jpg

年初から大きな災害が発生しました。
能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今回は災害で家から避難する際について考えたいと思います。
災害時に備えた準備は、
 ・1次持ち出し品
 ・2次持ち出し品
に分けて準備しておくのが良いそうです。

「1次持ち出し品」とは避難時にすぐに持ち出すべき、必要最低限の備えです。
主に最初の1~2日間をしのぐためのものです。

非常持ち出し袋に入れておき、
非常時に持ち出しやすい場所に置いておくことが重要です。

大人2人の1日分の例として、
<食料・飲料>
 ・飲料水(500ml×8~10本)
 ・非常食(乾パンやレトルト、ゼリー状の食品など2箱程度)

<停電時用>
 ・懐中電灯(予備電池含め2個)
 ・ろうそく(2本+マッチ・ライター×2つ)
 ・携帯ラジオ(手巻き充電式が望ましい)

<医薬品>
 ・救急セット(常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、脱脂、
  ばんそうこう、ハサミ、ピンセット、消毒薬、整腸剤、
  持病のある方はそのための薬(薬品名のメモも)
 ※ セット売りの救急ボックスなどが便利です。

<生活・衛生用品>
 ・レジャーシート(1人あたり1畳分程度)
 ・タオル(4枚~、多めがよい
 ・ポリ袋(大きめを10枚程度)
 ・トイレットペーパー
  (1ロール、水に溶けるため、ティッシュより使いやすい)
 ・ウエットティッシュ(2個~)
 ・簡易食器セット(家族分)

<貴重品>
 ・現金(硬貨も)
 ・身分証明書、保険証、住民票のコピー
 ・預貯金通帳、印鑑
 ・権利書、各種カードなど


<避難・救助用品>
 ・笛、コンパス、ナイフ、ロープ(7m以上)
 ・シャベル、バール、ノコギリ、
  ハンマー等の工具(小型のアウトドアグッズが持ち運びに便利)

また、「2次持ち出し品」とは、
最初の避難の後に再度自宅から避難所へ持ち出し、
3~4日間の避難生活を送るためのものです。

「1次持ち出し品」に加え、+αの飲料や
食料、衣料品、生活用品を準備しておくと良いです。
生活用品は、卓上コンロ+ガスボンベをはじめ、
アウトドアやキャンプを思い浮かべるとイメージしやすいでしょう。

✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

エターナルホームの家づくりでは、
 ・災害に強い家
 ・安全を確保しやすい間取り
についても重視しています。
避難する時に
「持ち出し品(特に1次持ち出し品)」をどこに確保するのがベストか、
お客様と一緒に間取りを考えています。

「窓」から寒さや暑さをやわらげよう

20240125ブログ①.jpg
20240125ブログ②.jpg

今週火曜日の夜から木曜日にかけ、こちら岐阜県海津市でも大雪、ところによっては20㎝以上の積雪となりました。
強い冬型の気圧配置が続き、日中も冷たい風が強く、厳しい寒さに見舞われました。

ところで、家の中の暖かい空気は約6~7割も「窓」から逃げると言われています。
そのため、「窓」に工夫を施すなどの寒さ対策が大事であることを今回の厳しい寒さの中、改めて実感しました。

20240125ブログ③.jpg
※出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会 省エネルギー建材普及促進センター「省エネ建材で、快適な家、健康な家」LIXILより

「窓断熱改修で省エネ&医療費が大幅削減」というLIXILのセミナーレポート記事によりますと、
窓をはじめとした開口部の断熱性能を高め、住宅の高性能化を推進することは、
CO2排出量や光熱費削減に繋がるほか、
ヒートショックなど循環器疾患(脳梗塞・くも膜下出血・心筋症など)の発症リスクの低減、
さらにはアレルギー症状の緩和といった健康面にも多大な影響を及ぼす、ということです。

また今年も政府補助金「住宅省エネ2024キャンペーン」において「断熱窓の設置や改修」による住宅の省エネ・省CO2加速化支援事業が実施予定です。
この目的は"高断熱化によるCO2削減"にありますが、それと同時に「医療費を抑えられる」ところも見逃せないポイントと言えます。
省エネだけでなく医療費の面でも、断熱推進は非常に重要な事業であると言えそうです。

窓の「断熱性」で、冬・夏の過ごしやすさに差が出ます。
寒さ厳しき折から、体調を崩さないよう気をつけてお過ごしください。

外壁のお手入れでお家を長持ちさせよう

20240115ブログ③.jpg

外壁リフォームとは、住宅の最も外側にあり、側面を取り囲むようにして覆っている外壁をメンテナンスすることです。
外壁は外界にさらされているため、時と共に劣化してしまいます。

外壁の塗装には、建物を美しくみせるだけでなく、外壁そのものを「守る」という大切な役割があります。
塗替えなどのお手入れを定期的に行えば、家を長持ちさせられます。

このような症状があれば、塗替えをしましょう。

 ☑ 色あせている・色が落ちている
 ☑ 藻やカビの汚れが目立つ
 ☑ こすると白い粉がつく(チョーキング現象)
 ☑ ひび割れ・剥がれている
 ☑ 壁が反っている
 ☑ 釘やビスが浮いている
 ☑ つなぎ目部分のシーリングがひび割れ・剥がれ・変色している
20240115ブログ②.jpg
外壁リフォームを検討すべきタイミングを是非セルフチェックしてみてください。

外壁リフォームは、外壁の劣化が進んでしまい、住宅を保護する力が低下してしまわないうちに実施するのが大切です。
ただ、どのような状態になったら外壁が劣化し、リフォームをすべき状況になったのかがわからない方も多いでしょう。

こうした劣化を放置していると、外壁に雨水が染み込むようになり、外壁材が傷んできます。
外壁材が痛むと、建物の内部に雨水が侵入してくるので、家の寿命を縮めることにつながります。
プロの目で判断させていただきますので、お気軽にご相談ください。

本年もよろしくお願い申し上げます

令和6年1月1日に発生した能登半島地震で被害にあわれました全ての皆さまに
心よりお見舞いを申し上げます。
皆さまの平穏な日常が一日でも早く戻りますことをお祈り申し上げます。


弊社は更なるサービスの向上に努めて参ります。
本年も変わらぬお引き立てをどうぞよろしくお願い申し上げます。


Eternal∞Home エターナルホーム
株式会社 エム・フルカワ

2023年 年末のご挨拶

20231228ブログ画像②.jpg

2023年も残すところ僅かとなりました。
本年も格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症が5類に移行され、コロナ禍で中止となっていたイベントが再開されるようになりました。
久しぶりに気の合うお仲間との食事会や忘年会に、楽しい時間を共有された方も多いでしょう。

今年は、異常気象による悪影響が顕著な一年でした。
線状降水帯による大雨や史上最高の暑さとなった夏、そして昨年から続く物価高に翻弄されました。
特に今年の夏は「地球沸騰化」という言葉が生まれるほどの猛暑... いや、酷暑でした。
改めて「住宅」の省エネ化について深く考えさせられます。

来る2024年もお客様の夢をカタチに、弊社は「ご家族のライフスタイルに寄り添う住まいづくり」を心を込めてお手伝いいたします。


尚、誠に勝手ながら、年末年始は下記の日程で休業させていただきます。

年末年始休業期間
  12月30日(土)~1月4日(木)

新年は1月5日(金)より営業開始となります。
休業中のお問合せに関しましては、1月5日以降、順次対応させていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

それでは、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えください。

明くる年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


Eternal∞Home エターナルホーム
株式会社 エム・フルカワ

年末にしたい大掃除③(浴室ドアまわり)

20231215ブログ画像④.jpg

カビはゴシゴシこすらない!

浴室のゴムパッキンに、黒カビ!
なかなか落ちない黒カビ汚れに悩んでいませんか?

お風呂のゴムパッキンに生えたカビには、カビ取り剤を使用しましょう。
下準備として、カビ取り剤を使用する前には、お掃除でカビ以外の汚れは落としておくのがポイント。
また、ゴムパッキンに付いている水分を拭き取るか、乾かしてからカビ取り剤を使用すると、カビ取り剤の効果を最大限に活かせます。


■ カビ取り剤でお風呂のゴムパッキンのカビ掃除をする際の手順
  ・ゴム手袋、マスク、保護メガネ等を着用する。
  ・浴室のドアを閉めて窓を開けるか、換気扇を回す。
  ・カビが生えている場所にカビ取り剤をスプレーする。
  ・しばらく置いた後、洗い残しがないように水で丁寧に洗い流す。

こちらも先日、テレビ番組で「黒カビの落とし方」について放送されていました。
参考になりましたので、ご紹介しますね。
20231215ブログ画像③.jpg
出典:NHK「あしたが変わる トリセツショー」

ところが掃除をしても、ゴムパッキンに頻繁にカビが生えてしまう場合は、ドアやゴムパッキンの取り替えをするのも一つの解決手段になります。
ドア枠のゴムパッキンにカビが生えやすいだけでなく、ドアの開閉に異常(ガタツキ、開閉が固い、自然に開く)があったり、パッキンが切れていたり、面材に傷や割れがある場合は、ドアを丸ごと交換してしまったほうが今後ラクになるかもしれません。
大掃除は、お家の中の見直しができる、いい機会になるかもしれませんね。

年末にしたい大掃除②(キッチンまわり)

20231215ブログ画像②.jpg

ガスコンロまわりの掃除には重曹がベスト!

コンロの汚れの主な原因はこびりついた油汚れです。
そして重曹にはその油汚れを落とす力があるので、
水200mlに重曹小さじ1杯を溶かした重曹水は万能洗剤として使用できます。

コンロの汚れは時間の経過とともに頑固になっていきます。
できれば、まめに掃除を行うことがキレイなコンロを保つコツです。
油汚れは、冷えると固まってしまい落としにくくなるからです。

化学反応を利用して汚れを落とす、市販の油汚れ用洗剤もありますが、
調理器具の洗浄には、ケミカルな洗剤に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。
それなら、重曹がベスト!「ベタベタ油汚れには重曹」です。

先日、テレビ番組で「油汚れの落とし方」について放送されていました。
参考になりましたので、ご紹介しますね。

■ 重曹水は一度沸騰させると効果がUP

重曹をたくさん使えば使うほど汚れが落ちるわけではありません。
こびりついた汚れに対して、研磨力を増すために濃度を上げる必要はありますが、
洗浄力をあげるために、重曹水の濃度を上げることはあまり効果がありません。
洗浄力をアップさせるコツは、一度沸騰させること。
沸騰させるとアルカリ性の性質が強くなり、より酸性の汚れ=油汚れを中和させることができます。

20231215ブログ画像①.jpg
出典:NHK「あしたが変わる トリセツショー」

重曹は水に溶けにくいため、乾いた後に白い粉が残ることがあります。
そのため、しっかりすすぎ洗いや、水拭きが必要です。
乾いたあとに白い跡が残ってしまった場合は、水拭きするとすぐ落ちます。